ニュース
21/06/2021
2021年 活動報告

コロナのパンデミックが続く厳しい現状の中、皆様にお会いできることをうれしく感じております。特に日本人を含む観光業界や留学業界で働く多くの方が、大変な思いをされていると思います。

当会の重要な柱の一つとして、クイーンズランドに在住する日本人をサポートすることを掲げております。この目的の元、過去10か月にわたり、当会は、ゴールドコースト日本人会、ゴールドコースト日本商工会議所、ケアンズ日本人会等と協力し、広範囲のアンケートを実施しました。その結果を基に、連邦政府や州政府、市役所等への歎願を行いました。

我々は、日本人コミュニティーを代表して、日本人コミュニティーが直面する現状をスコット・モリソン首相、ダン・テーハン連邦政府観光大臣、アナスターシア・パラシェ州首相、等に陳情書を提出し、スターリング・ヒンチリフ州観光大臣や野党副党首、野党の影の各大臣へ直接お会いして歎願をいたしました。

サポートととしては、コロナの州政府、連邦政府の情報をリンクとともに日本語でSNSを利用して約400日間にわたり毎日更新してまいりました。

このようなパンデミックの中ですが、クィーンズランドのオーストラリア人の日本に対する興味は更に増しているようです。ゴールドコーストのスピーチコンテンストでは、日本語へのエントリーが圧倒的に多く、国境がオープンしたら是非日本に行きたいという要望が多く聞かれます。

そのような中で、当会の分科会は阿波踊り、こと、ブリスベンアイドルプロジェクト、などが活動的に地域のコミュニティーで活発に活動しております。

厳しかった3年目が終わり、当会は我々の目的を達成するために、今後とも継続して、足場を固め、ネットワークを広げ、様々なことに挑戦してまります。その為にも皆様の積極的なご協力をもって更なる高みに到達するできるよう、切にお願い申し上げます。

今回、理事会の若干の変更がございます。当会の発足から困難なセクレタリーの役職を担っていただいたDavidがお休みすることになりました。彼の功績は非常に大きく、彼なしではここまでこれなかったと思います。

最後に全ての個人、法人、グループのメンバーの皆様に改めて、当会へのサポートへの感謝を伝えさせていただきます。また本年もどうぞ宜しくお願い致します。